Market-Market モコフの毎日


NYに住むモコフ一家の日々。
by market-market
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あなた、誰っ?怖すぎる!

えー、先日、オタオタした出来事がありました。

夜、テレビを見ていたら、うちの猫がだだだっと地下に
降りていきいきなりの「フゥゥウゥゥウ!!!!!!」といううなり声。
そのうち、猫が喧嘩するときの「ウニャー!!!ギャー!!」
という声が聞こえてくる。

それも二匹分の。

え?え?と思い、地下に行くと、、、


そこには、縞々の見覚えのない猫。
あれっ?あなた、どこのにゃんちゃん?

そして、地下に散らばる無数の猫の毛。
こりゃ、喧嘩した後だ。

見たこともない大きい猫がうちの地下にいて、
うちの猫と睨み合って、うなり声をお互いにあげてるのです。

一体、どこから入ったんだ!と思い、地下の窓を見回すと、
あった、あった、破られた網戸が。

今にもうちの猫に飛び掛りそうで私は本当に怖くなりました。
ほうきで相手の猫を叩こうか、そしたら怒って飛びついてこないか、など
いろいろ頭の中で考えをめぐらせ、ふと思いついた撃退法が、、。

いらなくなったハンモックのネットをばさっと相手の猫にかぶせよう!

ハンモックのネットを持ちそろりそろりと近づく。
縞々の猫は、うちの猫を睨みつつも、チラ、チラ、とこっちを見ている。

「何か網のようなものを持ってくる人がいるニャ。」という
心の声が聞こえてきそう。

バサ!!と縞々の猫めがけてネットを投げる!
ササササと予想通り、逃げていく縞猫。

またうちの猫が追いかけて威嚇するんだ、これが。(当たり前の本能ですが、、)

再度投げつけてやろうと思いそろり、そろりと近づくと
縞猫は怖くなったのか、急に怖気づいて「ニャー!」と言いつつ
破った網戸から逃げ出した。

あ~、、、怖かった、、、。
網戸、、、張り替えなきゃ。

もう、二度とこんな思いはしたくないわー。
[PR]
by market-market | 2010-03-25 22:10

デジカメなくす。

あ~あ、、、。
長い間、愛用していたデジカメをとうとう無くしました。

しかも、グランドセントラルステーションで。
絶対見つかりっこないやん。

昨日、すももとお友達とそのママの4人で
マンハッタンまでバレエを見に行きました。
子供2人の写真を撮ろうと思って、カメラを出した事は覚えているのです。

でも、、帰り道に「あれ?カメラどこ入れたっけ?」と
あちこち探してもない。

立ち寄ったお店に聞いても、何も届いてないと言われ、
忘れ物センターに行ったほうがいいよと言われて行って見たら
週末は閉まってるし。(涙)
物をなくす時は一瞬ですね、、、。

バレエはとても楽しかったです。
すももがバレエを習い始めた事もあり、
見せてやりたかったのです。
子供用の1時間バレエだったので、
ぐずる前に終了するのです。すばらしい。

6月には、すもももバレエの発表会があります。
体カチコチなのに大丈夫なんだろうか??

発表会のためにも新しいデジカメ買わなくちゃ。
[PR]
by market-market | 2010-03-16 04:45

子供手当て

いやー、今日の嵐はすごかった、、。
木が倒れるかと思うほどの強風で、
子供達は家の中にいても怖がっていました。

さて、怖いつながりで、、、一つ。
子供手当て法案が可決されましたね。

聞こえはいいです。
子供のいる家庭には国から補助金を出しましょう!

ただ、この法案は穴だらけで、かなり怖いんですよ。

例えば、
日本にいる外国人家庭の子供にも支給される。
もし国外に子供を置いて来ているならその子供にも支給。
「母国に子供が100人います。」と言えば、
本当に100人分支給されるそうです。

どうやって、100人もいると調べるか?
市町村レベルで調べるそうです。親に住民票さえあれば
その子供達が外国に100人いたら、100人分支給するそうです。
月々1560万円ですよ。でも法的には、出すんですって。
養子も含まれるというので、母国でどんどん養子縁組だけしてしまえば
それだけ日本からお金がガッポガッポ入ってくるわけです。

ということは、子供がそんだけいるって捏造しちゃえば
分かりません。
どうぞ悪用してください、と日本を差し出してるようにしか
思えない法案。

そのお金を払うのは日本国民です。

民主党になってから、日本がおかしくなってるって
思うのは私だけではないはずです。

若い世代の人たちはインターネットを使うので、
こういう法案の裏などすぐ分かると思いますが、
高齢者は、テレビ、新聞、ラジオから情報を得ますよね。
すると、こんな裏事情まで分からない。

本当に、日本で出生率をあげるために、子供の養育費の足しに
するために使われる「子供手当て」なら私だって賛成です。

日本にいる皆さんはどう感じていますか?
[PR]
by MARKET-MARKET | 2010-03-14 15:00

春だ!

今日も気温が15度まで上がりました。
庭のクロッカスが咲き始めて、
春がやってきたぞ〜〜!といううれしい気持。
春が来ると、本当に何でも楽しくなるというか、
たまった洗濯物も「はりきってやろう!」って
思える。
冬のさむーい時期だと「あーあ、やだな、、、、」だったのに。

えらいちがいだ!

日焼け止めを忘れずに塗っておかないと、
あっという間に焼けてしまいそうです。

日本のお天気はどうですか?
[PR]
by market-market | 2010-03-10 12:39

散らし寿司を作るべきか、作らないべきか、、。

ひな祭りも終りました。
ああ、ひな人形片付けなきゃ。

ひな祭りといえば、ちらし寿司と蛤の潮汁。
うちのちらし寿司は、鮭といくらを使います。
サーモンピンクの奇麗なお寿司ができます。(簡単だし。←こっちの理由がメイン)

で、でも。

「ママー、ちらし寿司、たくさん食べれなーい。」
「りんごも、もういらなーい。」

3合分のちらし寿司はどうするんだ!君たち!

てなわけで、ちらし寿司を作っても、子供達はあんまり食べてくれないのです。
大量に残ったこのちらし寿司は一体どうすりゃいいのでしょう。
翌日のお昼にも食べましたが、まだ残っています。
去年もそうやって、大量に残りました。

こうなったら、もうひな祭りだからといって
ちらし寿司作るのやめちゃおうかって気になります。
でも日本人として、やっぱり女の子がいる家庭では
3月3日にはちらし寿司を食べさせたい。
来年はどうしようかなーと考え中。
ひなあられだって、一口食べて
「好きな味じゃない、、。」だって。
ひなあられは輸入品で高いのよ!

近所の日系スーパーの蛤はおいしくないので、
おいしいお魚屋さんで買うアサリを使っておつゆを作りました。
それは食べてましたが、、、。

ママは君たちがお嫁に行くまでちらし寿司を
作り続けたいんだけどなぁ、、、。
[PR]
by market-market | 2010-03-05 12:38

Origami work shop

先日、クラスマザーからメールがあって、
是非、折り紙をクラスの子供達に教えて欲しいとの事でした。

日本人なら小さい頃から慣れ親しんだ折り紙。
ところがアメリカ人にとっては、6歳でも
全くの初めて、という子がほとんど。

ひな祭りも間近ということで、
もう一人の日本人のクラスメイトのママと二人で
ひな人形を折り紙で折って、ひな祭りの由来なんかも
ちょっと説明しようか〜ということになりました。

このもう一人のママさんは、めちゃくちゃ英語が堪能なので
助かりました。
私一人で行ってたら、きっと紙を読みながら
ひな祭りの説明を説明していたことでしょう、、、。
うちにある雛人形と、すもも&りんごが写っている写真を持って行って
子供達に見せました。
みんな「わ〜、奇麗ー。」「あ、すももの妹もいるー。」なんて言いながら
見ていたのが、すももはすごくうれしかったみたい。

そして、言い出しっぺのクラスマザーともう一人、アメリカ人のママさん
二人が手伝ってくれるというので、まずこの二人に
折り紙でひな人形を教えました。
なかなか上手にできました。

そして、子供達!!!
4つのテーブルに5人ずつ座らせて、
そこにママが一人入ってみんなに教えるという方法を取りました。

私が入ったテーブルには、すももがいて、
いいアシスタントになってくれました。

いやー、びっくり、、。三角にすら折れない子が結構いる。
「まず、三角に折ろうね〜。角はきっちり合わせてね〜。」と
説明しつつ、三角に折ったら、隣の男の子は、
折り紙をぺらっとひっくり返して「こう?」と聞いてきました。
オイ!!!と心の中でだけつぶやいて、「う〜ン、ちょっと違うな〜。」と
やさしく教えてあげましたが、彼は最後まで全く違う折り方をしていたので
ほとんど私が作りました。
同じテーブルにいたコリアンの男の子は結構上手でした!

そのあと、出来上がった折り紙のひな人形をぺたっと紙に貼ってできあがり!

下校時に、同じクラスの男の子が、お迎えに来たママに
「今日はね、ジャパニーズの折り紙を習ったよ!僕、上手だったよ!!」と
うれしそうに報告しているのを見て、やって良かったな〜って
うれしい気持になりました。
[PR]
by market-market | 2010-03-04 01:40